2014年01月02日

なぜサッカーで怪我をしてしまうのか?

• 過度な練習回数と時間
• プレーヤーのコンディションの悪さ、不適切なトレーニング
• 反応時間を低下させる疲労
• 天気、気候
• 品質の悪い用具
• 状態の悪いサッカー場



サッカー場で発生する怪我の大部分は、軽度なものから中程度なものであることは幸いなことです。プロスポーツにおいては、またはもっと極端な例では、重篤な怪我が発生したり、脳震盪もよく起きて、病院に送られることがあります。

サッカーで起こりがちな怪我を防ぐための最善策の一つは、練習前にしっかりウォーミングアップすることです。岡崎慎司であろうと細貝萌であろうと、全ての年齢の選手にとって、きちんとフィットするすね当てとスパイクシューズを使い、適切なサイズのボールを使用することも大切です。体にぶつかるたびに磨耗や裂けが起きてしまうのを防ぐために、天然皮革のサッカーボールの代わりに合成皮革のボールの使用が推薦されます。
  

Posted by Anneliese at 15:58Comments(22)TrackBack(0)